アトピーで赤ら顔になる2つの原因とは?

赤ら顔にアトピーが関係している場合、その原因は1つだけではなく2つあると考えられています。というのも、アトピーの跡が赤くなってしまった場合と、アトピーの治療でよく処方されるステロイドが関係している場合があるからです。

アトピーで悩んでいると、どうしても赤ら顔の対策が後回しになってしまいがちなのですが、症状が改善したからと言ってカサカサの状態でいてしまうと色素沈着を起こしてしまい、跡が残ってしまう場合があります。

こうなってしまうと、セルフケアでの改善は難しくなってきてしまいます。医療機関で専門の治療を受けて赤ら顔を改善することも出来るのですが、ステロイドを使用している場合は注意をしておいた方が良いでしょう。

医師と相談をしながら使う

アトピーで処方されるステロイドの副作用で顔が赤黒くなる アトピーの治療で処方されることの多いステロイドですが、この薬に頼りきってしまうと赤ら顔の原因となってしまうこともあります。というのも、ステロイドの副作用と関係しているのですが、毛細血管を拡張させてしまうということがあります。

血管が広がってしまうとそれが皮膚から透けて見えるようになってしまうので、顔が赤くなったように見えてしまうんです。さらに厄介なのが肌のバリア機能が低下しているので、痒みが出たり刺激に弱い状態になっています。

細菌などが入り込みやすい状態なので、炎症も起こしやすくなっています。もちろん、アトピーの治療で大切なお薬になりますが、必ず処方された時の説明通り、正しい使い方をしてくださいね。