洗顔のやり方を見直そう

赤ら顔の人でなくても、間違った洗顔方法を行っていると、お肌に大きな負担がかかります。

正しい洗顔を身に付けることで、赤ら顔も悪化せず、症状も良くなることがあります。

まずは使っている洗顔フォームの成分を確認してください。

洗顔フォームの場合は化学物質を使っていることも多いので、中にはこれが原因でお肌が炎症を起こし、赤ら顔となって症状が現れてしまうこともあります。

洗顔石鹸の方がお肌に優しいと言われていますが、「合成界面活性剤」を使っている石鹸だと、お肌のタンパク質を溶かしてしまうので皮膚が薄くなってしまうんです。

すると血管が透けて見えやすくなってしまいますし、酷い場合は敏感肌にも繋がってしまいますので注意が必要です。

擦り洗いは厳禁

洗顔は優しく 顔が赤くなってしまう人の中には、「痒み」の症状が伴っている場合もあります。

痒みがあると、ついつい洗顔の時に擦ってしまいがちなのですが、実はこれが厳禁!

擦ったことで皮膚が剥がれてしまい、赤ら顔が余計に酷くなってしまいます。

必ずしっかりと泡立てて、優しく丁寧に洗うのがコツです。

上手く泡立てることが出来ないという人は、泡立てネットを使うと上手に作る事ができます。

また洗い流す時ですが、お湯を使っている人もいらっしゃると思います。

ですがお湯の場合は毛穴が開いてしまうので、お肌の汚れを取るにはとても良いのですが、毛穴が開くということは、それだけ雑菌などが入りやすくなってしまいます。

赤ら顔が気になる人は水で洗い流すようにするか、お湯で洗ったとは毛穴を引き締める為に最後には水を使うようにしてください。

そしてタオルで拭くときも決して擦らず、上から優しくタオルでお肌を押さえるようにして拭きましょう。

こうすることで、少しずつではありますが赤ら顔が改善していく場合があります。

もちろん原因も様々なので、必ず洗顔方法を変えれば改善できる!ということではないのですが、まずは見直してみてください。